ピンクリボン月間とは?10月に行われる乳がんの早期発見・定期検診を啓発する強化月間の事でした!

この記事は約4分で読めます。

日本フェムテック協会のフェムテック検定3級を取得した、メーメーです。10月に入りまして、過ごしやすい季節となりましたので、愛犬と街中を散歩していましたら、何やらピンク色のリボンで輪を作っているようなロゴマーク?的なモノが、街の街灯にフラッグとして掲げられていました。

フラッグには「ピンクリボン月間」というように書かれていました。聞いたことのある言葉ではありますが、調べていくと、日本では10人のうち1人は患うという「乳がん」に対する早期発見・定期健診等を啓発する強化月間ということでした!

そもそもなんでピンクリボン?日本ではどんなイベントがあるの?などなど色々と気になってきたので、調べていこうと思います!

では、行ってみましょう!

「ピンクリボン月間」とは?

「ピンクリボン月間」とは、乳がんの早期発見・早期治療のためのセルフチェックや定期健診の啓発を行う強化月間の事です。 1980年代にアメリカから始まった運動です。 日本では2000年代から全国へ拡がりを見せており、今では自治体規模でイベントが行われるまでになってきています。

メーメーさん
メーメーさん

日本では、約10%(10人のうち1人)の女性が乳がんを患うと言われています。職場に女性が20人在籍していたら、2人は乳がんの可能性があると考えると、けっこう身近な問題ですよね!

ピンクのリボンは残された家族の思い

ピンクリボン運動のシンボルマークはなぜピンクのリボンなのでしょうか?

ピンクリボン運動の発端となった1980年代のアメリカで、乳がんで亡くなった娘の母親が、このような悲劇が繰り返されないようにと願いを込めて作ったものがピンクのリボンだったそうです。その思いは全国に広がり、ピンクリボンをあしらった商品を販売し売り上げの一部を、研究機関や啓発団体に寄付する運動へとつながりました。

日本での「ピンクリボン月間」は?

日本では、2000年代より乳がん啓発の活動が活発になりました。医療関係者や製薬会社・保険会社、患者会などさまざまな活動母体のコラボレーションによってにはじまりました。

そのような流れの中、NPO法人も拡がりを見せ、乳がん啓発月間である10月に大都市でウォーキングイベントが繰り広げられました。

その中でも今年で19年目を迎える「ピンクリボンフェスティバル」というイベントは東京を中心にランドマークとなる建物をピンクにライトアップをしたり、乳がんに関するシンポジウムやセミナーが行われるそうです。

今から始めよう!簡単セルフチェック方法

日本では、約10%(10人のうち1人)の女性が乳がんを患うと言われていますが、早期発見の場合90%以上が治癒すると言われています。なので、乳がんって早期発見が本当に大事なのですね!

けど、検査ってめんどくさそうだし、検査をうけた先輩に聞いてみると「めちゃくちゃ痛い」という話をけっこう聞いてきました。さらに、国の指針では乳がん検診は40歳以上が対象となっているので、まだしなくてもいいかな~なんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は私もそのうちの一人です。

しかし色々調べていくと何やら、セルフチェックができるそうなのでご紹介しますね!

  • 乳房の形を鏡の前でチェック

両腕を下した状態の乳房の形状を覚えておきましょう。その後、両腕を上げて「くぼみ」「ひきつれ」「乳首のへこみ」「湿疹」「ただれ」などがないかチェック!

  • 仰向けの状態でチェック

乳房が平坦になるように仰向きに寝ます。腕を上げて内側を圧迫するように確認。外側を確認する際は、腕を下げてしこりがないかチェック!この際、乳がんができやすい外側の上側(鎖骨に近い場所)からチェックしていきましょう!

  • 乳首をつまんでチェック

両方の乳首を指の腹で押すようにつまんで、血のような液体がでないかチェック!

メーメーさん
メーメーさん

セルフチェックは月経終了後から4~5日がオススメ。忘れないように、毎月〇日はセルフチェック!というように、日付を決めておいても良いかもしれませんね!

まとめ

「ピンクリボン月間」とは

  • 10月に行われる乳がん早期発見・早期治療を啓発する強化月間
  • 日本では東京を中心に、19年前から開催されており、ライトアップなどイベントも行われている

また、乳がんは早期発見が重要!簡単セルフチェックで乳がん予防できることも分かりました。自分の身体にしっかりと向き合って、変化に気づいてあげることが一番良いことですね!

私も、これを機にセルフチェックを始めてみようと思いました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました